財テク.jp

ヤマハ(Yamaha) RX-V475(B) 23,510円~

ヤマハ AVレシーバー 5.1ch Airplay/ネットワークオーディオ再生対応 ブラック RX-V475(B)

この記事をクリップ!
Yahoo!ブックマークに登録
ヤマハ AVレシーバー 5.1ch Airplay/ネットワークオーディオ再生対応 ブラック RX-V475(B)
メーカー
ヤマハ(Yamaha)  
型番
RX-V475(B)  
JANコード
4957812530835  
発売日
2013年3月29日
プラットフォーム
Not Machine Specific
フォーマット
Unknown format
カラー
ブラック
RX-V475(B)価格推移(新品) このQRコードを読み取って携帯でもご覧いただけます
  ショップ名 価格 ポイント 参考価格 送料 情報取得日時 備考
Amazon   Amazon 23,510円 - 23,510円 07/19 07:26 中古品です。/送料無料(一部除く)  
  ソフマップYahoo!店 29,138円 291pt 28,847円 無料 07/19 07:26 レビュー平均:4.50/5.00  
192kHz/24bit・WAV/FLACネットワークオーディオ再生対応、AirPlay対応など充実のネットワーク機能専用アプリケーション 「AV CONTROLLER」による快適操作
   お手持ちの音楽CDからリッピングした音源はもちろん、音楽ダウンロードサイトなどから購入したCDを上回る情報量の
   ハイレゾ音源も本来のクオリティで楽しめる192kHz/24bit・WAV/FLAC対応の高音質ネットワークオーディオ再生を実現しました。
   さらに、お手持ちのスマートフォンやタブレット端末※を使った本機のコントロールや端末内の音楽コンテンツの再生などが楽しめる専用アプリケーション「AV CONTROLLER」、
   iPod touch/iPhone/iPadやパソコン内のiTunesライブラリーに保存された音楽コンテンツをワイヤレスでストリーミング再生するAirPlay、
   世界中のインターネットラジオ局に簡単にアクセスできるvTunerにも対応しています。
※iOS4.3以降がインストールされたiPod touch(第3世代以降)/iPhone 3GS以降/iPad(2013年3月14日現在)、またはOS2.1以上搭載のAndroid端末


MHLや4K映像/3D映像伝送に対応した最新HDMI端子
   MHL対応の携帯端末※1と接続して最大フルHD(1080p)映像と最大7.1chのマルチチャンネル音声の伝送、
   さらには本機側リモコンでの端末操作※2も実現するMHL(Mobile High-Definition Link)※3をはじめ、
   4K映像伝送(パススルー)および3D映像伝送、主要メーカー製テレビ/レコーダーとのリンク機能などに対応した5入力/1出力の最新HDMI端子を搭載。
   もちろん、テレビ側のデジタル音声をHDMI経由でAVレシーバーへ伝送できるオーディオリターンチャンネル(ARC)の採用により、
   テレビとの接続もHDMIケーブル1本ですっきりとまとめることができます。
※1MHL(Mobile High-definition Link)とは米Silicon Image社が開発した、携帯端末から高速での映像及び音声伝送が可能になるインターフェイス規格です。
※2モバイル機器やアプリケーションによっては一部の機能を操作できない場合があります。
※3MHLに対応したHDMI端子は入力5系統のうちの1系統となります。


Bluetooth(R)ワイヤレスオーディオレシーバー「YBA-11」(別売)に対応
   スマートフォンなどのBluetooth(R)対応機器内の音楽コンテンツのワイヤレス再生を実現する、Bluetooth(R)ワイヤレスオーディオレシーバー「YBA-11」(別売)に対応。
   Wi-Fi環境を必要とせず、より手軽にワイヤレス音楽再生が楽しめます。


定評ある高音質設計に加え、独自の音場創生技術「シネマDSP」も搭載
   定格出力115W/chのディスクリート構成パワーアンプ、バーブラウン192kHz/24bit D/Aコンバーターなど、
   音楽ダウンロードサイトから購入したハイレゾ音源やBlu-ray DiscのHDオーディオコンテンツ※も良い音で楽しめるこだわりの高音質設計を実践。
   シネマDSP[3Dモード]を通常の5.1chスピーカー構成で実現するVPS(バーチャル・プレゼンス・スピーカー)機能を含む
   独自の音場創生技術「シネマDSP」も搭載し、最新の大画面テレビにふさわしい圧倒的な立体音場を再現できます。
   加えて、圧縮音声をより魅力的に聴かせるミュージックエンハンサーも装備し、携帯端末内の音楽コンテンツや地デジはもちろん、
   ネットワーク対応テレビでの動画コンテンツなどの圧縮音声もいきいきとした音で楽しめます。
※DTS-HD Master Audio/DTS-HD High ResolutionとシネマDSPを組み合わせて使用する場合、コア部分にのみシネマDSPを付加することができます。


iPod/iPhone/iPadをデジタル伝送で高音質再生できる前面USB端子
   デジタル携帯音楽プレーヤーやUSBメモリーなどをダイレクトに接続して音楽再生が楽しめるUSB端子をフロントパネル面に装備。
   iPod/iPhone/iPad接続時にはデジタル伝送による音楽コンテンツの高音質再生に加えて、
   充電(本体電源オフ時にも充電可能)や本機側リモコンからの操作なども行えます。


YPAO、SCENEなど高性能を快適に使いこなせる便利な機能群
   付属のマイクを接続し、視聴位置に置いて調整モードをスタートするだけで、
   部屋に合わせた最適な音響特性が自動的に得られるYPAO(Yamaha Parametric Room Acoustic Optimizer)を搭載。
   映像と音声のズレを自動的に修正するリップシンク機能も装備し、難しい調整を行うことなく本機の高性能を活かした高音質・高画質のシアター鑑賞が楽しめます。
   加えて、よく使う映像ソースや音場プログラムの組み合わせを簡単に呼び出したり映像ソースとして指定したテレビやレコーダーを連動して起動※する
   4つの「SCENE(シーン)」ボタン(前面パネルおよびリモコン)、日本語対応OSD(オンスクリーンディスプレイ)も装備しています。
※「SCENE」ボタンでの電源投入は、本機~対応テレビ間(レコーダー含む)をHDMI接続した場合に実現するものです。


「ECOモード」やスタンバイインプットセレクトにより消費電力をトータルで低減
   実使用時の消費電力を約20%低減(当社実験値)して「ながら視聴」やBGMユースなどの長時間使用で特に威力を発揮する「ECO(エコ)モード」、
   電源の切り忘れを防ぐ「オートパワーダウン」、本機の電源がOFFの状態でも付属リモコンでHDMI入力を切り替えられる「スタンバイインプットセレクト」を装備。
   さらにスタンバイスルー状態での待機時消費電力も1.0Wと低く抑え、気になる消費電力をトータルで低減しています。


その他の特長
●入力ソースやボリューム位置に合わせてダイナミックレンジを自動調整し、小音量再生時にも明瞭なサウンドが楽しめるA-DRC技術
●HDMI端子を持たない従来型の映像機器やゲーム機などが接続できるコンポーネント同軸映像入力2系統、コンポジット同軸映像入力5系統(うち前面1系統)
●サラウンド再生がお手持ちのヘッドホンで楽しめるサイレントシネマ
●40局プリセット対応FM/AMチューナー
●映像入力端子と音声入力端子の組み合わせが任意に設定できるフリーアサイン
●クリアでパワフルな再生音を支えるデジタル/アナログ分離設計の大容量電源部
●バナナプラグ対応のスクリュー式スピーカーターミナル(全チャンネル)


ヤマハ AVレシーバー 比較表

ヤマハ 5.1ch AVレシーバー RX-V375(B) ブラック RX-V375B
ヤマハ AVレシーバー 5.1ch RX-V375
ヤマハ 5.1ch AVレシーバー RX-V473(B) ブラック RX-V473B
ヤマハ AVレシーバー 5.1ch RX-V473
ヤマハ Airplay/ネットワークオーディオ再生対応 5.1ch AVレシーバー RX-V475(B) ブラック RX-V475B
ヤマハ AVレシーバー 5.1ch RX-V475
ヤマハ 7.1ch AVレシーバー RX-V573(B) ブラック RX-V573B
ヤマハ AVレシーバー 7.1ch RX-V573
ヤマハ 7.1ch AVレシーバー RX-V575(B) ブラック RX-V575B
ヤマハ AVレシーバー 7.1ch RX-V575
ヤマハ AVレシーバー 5.1chネットワーク再生対応 ブラック RX-S600B
ヤマハ AVレシーバー 5.1ch RX-S600
ヤマハ 7.1ch AVレシーバー RX-V773(B) ブラック RX-V773B
ヤマハ AVレシーバー 7.1ch RX-V773
概要 5.1chエントリーモデル ネットワーク機能に対応した
5.1chスタンダードモデル
ネットワーク機能に対応した
5.1chスタンダードモデル
ネットワーク機能対応
7.1chスタンダードAVレシーバー
ネットワーク機能対応
7.1chスタンダードAVレシーバー
ネットワーク機能対応
5.1ch薄型スタンダードAVレシーバー
音と臨場感の本質を追求した
7.1chハイクオリティAVレシーバー
定格出力(1kHz、1ch駆動)/
内蔵パワーアンプ数
100W/ch(6Ω、0.9%THD)/5 115W/ch(6Ω、0.9%THD)/5 115W/ch(6Ω、0.9%THD)/5 115W/ch(6Ω、0.9%THD)/7 115W/ch(6Ω、0.9%THD)/7 95W/ch(6Ω、0.9%THD)/5 130W/ch(6Ω、0.9%THD)/7
HDMI 入力4/出力1 入力4/出力1 入力5(HDMI5:MHL入力兼用)/出力1 入力4/出力1 入力5(HDMI5:MHL入力兼用)/出力1 入力5/出力1 入力6/出力2(同時出力可)
4k対応 パススルーのみ パススルーのみ パススルーのみ パススルーのみ パススルーのみ パススルーのみ
MHL - -
(HDMI5のみ対応)
-
(HDMI5のみ対応)

(HDMI5のみ対応)
-
ネットワーク対応 -
Airplay -
チューナー FM/AMチューナー FM/AMチューナー FM/AMチューナー FM/AMチューナー FM/AMチューナー FM/AMチューナー FM/AMチューナー
詳細なスペック比較表を開く
(Amazonより)

▲上に戻る

商品に関する情報が含まれる他のホームページを紹介します。

 

あんじーのテクニカルブログ LSW3-GT-5EP おまかせ節電機能 の挙動について

LSW3-GT-5EP を使ってヤマハ AVアンプ RX-V475の音楽を帯域を...


あんじーのテクニカルブログ ヤマハ AVレシーバー 5.1ch RX-V475を買う

以前よりDLNA対応のオーディオプレイヤーを買いたいと思っていたが、3年越しによ...


ご利用の際の注意事項


楽天ウェブサービスセンター

  本サイトの商品情報は、Amazon商品データベースを利用して構築されています